農政 ニュース詳細

2018.02.13 
新たなJAS制度の展開を審議 農水省一覧へ

・農林物資規格調査会を開催

 農林水産省は、2月20日、同省講堂において「農林物資規格調査会」(平成29年度第2回)を開催する。

 調査会は「農林物資の規格化等に関する法律」にもとづき、日本農林規格(JAS規格)の制定、見直しなどの審議を行っている。今回は調査会の運営、新たなJAS制度の展開方向、JAS規格の制定・見直し・確認などについて審議を行う。
 開催日時や場所、議題などの概要は次の通り。

 
【概要】
○日時:2月20日 午後2時から
○場所:同省本館7階講堂
○議題:
(1)調査会の運営について
(2)新たなJAS制度の展開方向について
(3)日本農林規格の制定・見直し・確認について
▽日持ち生産管理切り花の日本農林規格(新規制定)
▽べにふうき緑茶中のメチル化カテキンの測定方法の日本農林規格(同)
▽ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの測定方法の日本農林規格(同)
▽有機畜産物の日本農林規格(一部改正)
▽畳表の日本農林規格(確認)
▽生産情報公表養殖魚の日本農林規格(同)
○傍聴可能人数:100名程度を予定
○傍聴申込方法:FAXもしくはインターネットで
 ・FAX番号:03-6744-0569。同省食料産業局食品製造課食品規格室規格専門官まで
 ・インターネット:「農林物資規格調査会(平成29年度第2回)」の開催及び一般傍聴について
○申込締切:2月16日、午後5時必着
○問い合わせ先:同省食料産業局食品製造課食品規格室
○TEL:03-6744-2098

 

(関連記事)
規格認証と企業戦略で東京・大阪で説明会 農水省(18.01.18)
JAS規格化などテーマに調査提案募集を開始(18.01.18)
新たなJAS制度説明会を東京で追加開催-農水省(17.08.08)
新たなJASの活用巡り 「農林水産省FOOMA特別講演」開催 FOOMA JAPAN事務局(17.06.20)
「生産現場が変わる」を目標 自民提言(17.05.22)
GAP認証農場 3倍以上に-自民PT(17.05.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ