農政 ニュース詳細

2018.02.13 
訪日外国人 お土産の2割が食料品-農水省一覧へ

 農林水産省は2月9日、平成29年の訪日外国人旅行者の食料品の購入状況をまとめた。お土産などの買い物額の21%を食料品が占めている。

訪日外国人の食料品購入状況の図表

 観光庁の「訪日外国人消費動向調査」をもとに、日本産の農林水産物・食品の購入状況(推計値)をまとめた。
 29年の訪日外国人旅行者の日本滞在中旅行消費額は、前年より17.8%増えて4兆4161億円となった。
 このうちお土産などの買い物代がもっとも多く37.1%を占め1兆6398億円となった。ついで宿泊費が28.2%で1兆2451億円、飲食費が20.1%で8856億円となった。
 買い物代のうち食料品(菓子類とその他食料品、飲料、酒、たばこ)は対前年比19%増の3456億円となった。
 内訳は菓子類1589億円、その他の食料品が1868億円となっている。国別では中国がもっとも多く菓子類で563億円(35%)、その他食料品で591億円(32%)となった。

 

(関連記事)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
ASO田園空間博物館がグランプリ-ディスカバー農山漁村の宝(17.11.28)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
外食市場規模は25兆4169億円 日本フードサービス協会(17.07.11)
JA全農スマホアプリに育成ゲーム誕生(17.04.06)
インバウンド効果「売り上げに関係しない」約7割(17.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ