農政 ニュース詳細

2018.02.14 
JAS規格認証支援事業を開始、農水省一覧へ

・食産業の海外展開を後押し

 農林水産省は2月9日から、わが国食産業の海外展開の取り組みを促進するための「JAS規格認証支援事業」を実施している。

 規格・認証は、産品や事業者の品質、技術、取り組みの内容を「見える化」するものであり、特に、食文化や商慣行が異なる海外市場では、品質や特色の訴求に有効なツールとなり得るものだ。
 同省は、こうした規格・認証の活用を通じて、わが国からの農林水産物・食品の輸出や、わが国食産業の海外展開の取り組みを促進するため、海外市場への進出を目指す。またすでに進出している農林水産・食品分野の関連事業者に対し、日本産品の品質や特色、事業者の技術や取り組みなどの強みの訴求につながるJAS認証の取得を支援する。
 具体的には、認証審査費用や講習会の受講費用など認証取得に要する費用を補助対象とする(上限120万円)。
 応募団体の要件などの概要は次の通り。
○要件:同事業でJAS認証を取得した後、JAS認証マークを添付した製品を日本国外で販売する意思がある国内事業者であることを要件とする。なお、認証取得にあっては、国内法人のみならず、海外現地法人も支援の対象とする。
○募集期間:2月9日から5月7日まで。
○公募に係る説明会
▽日時:3月16日、午後2時から。
▽場所:農水省共用第4会議室(東京都千代田区霞が関1-2-1)
○申込方法・応募方法:平成30年度食品に産業海外展開支援事業のうちJAS規格認証支援事業に係る公募について
○問い合せわ先:農水省食料産業局食品製造課食品規格室
○TEL:03-6744-7182

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ