農政 ニュース詳細

2018.03.08 
東北の農林水産物輸出を後押し 農林水産物・食品輸出促進セミナー一覧へ

 東北農政局は3月20日、「平成29年度農林水産物・食品輸出促進セミナー」を開催する。会場は仙台合同庁舎。

政府では、平成31年までに農林水産物・食品の輸出額を1兆円規模に拡大するという目標を掲げ、オールジャパンで戦略的に進めているが、このセミナーは、東北地域の農林水産物・食品の輸出の取り組みを後押しすることを目的に開かれる。
 当日は講演のほかに「東北農政局輸出に取り組む優良事業者表彰」東北農政局長賞の授与と受賞者による取り組み内容の発表も行われる。
 セミナーの概要は次の通り。

 
○日時:3月20日、午後1時30分から
○会場:仙台合同庁舎A棟講堂
○内容:
▽国の農林水産物・食品の輸出促進の取り組み(仮題)/農林水産省食料産業局輸出促進課
▽東南アジアや東アジアにおける市場動向とニーズおよび流通・販売の実情(仮題)/頼房伸吾イオンリテール(株)食品輸出担当部長
▽「東北農政局輸出に取り組む優良事業者表彰」東北農政局長賞の授与
▽受賞者による取組事例
・食料産業局長賞:青森県農村工業農業協同組合連合会および(株)南部美人
・東北農政局長賞:(有)柏崎青果、(一財)新郷村ふるさと活性化公社、
JA全農福島県本部および福島県内4農協
○定員:120名(先着順)
○参加申込方法:インターネットかFAXによる。
○申込締切:3月14日、午後5時まで必着
○申込方法:インターネットまたはFAXで。
 ・インターネット:「平成29年度農林水産物・食品輸出促進セミナー」への参加申込み
 ・FAX:022-722-7378。インターネットから申込書を入手して申し込む。
○問い合わせ先および申込先:同局経営・事業支援部地域連携課
○TEL:022-221-6402

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ