農政 ニュース詳細

2018.03.13 
米テキサス州からの生きた家きん輸入停止 低病原性鳥インフル一覧へ

 農林水産省は3月10日、米国テキサス州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を講じた。

 これは同州の肉用種鶏農場で低病原性鳥インフルエンザ(H7亜型)の発生を確認したと、同日深夜、米政府からわが国へ通報があったため。それを受けて、同病のわが国への侵入防止に万全を期するため、同州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入を停止した。生きた家きんの輸入停止はテキサス州全域。
家きん肉などは、同州発生場所から半径10km以内の地域となっている。
 米国からの輸入実績は2017年現在、生きた家きんのひなで12万1527羽、
家きん肉などは2万2788t、家きんの卵は1万1467tとなっている。
 なお、同省によれば、今回の輸入停止措置は、生きた家きんがウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではないとしている。

(関連記事)
仏からの生きた家きんの輸入停止 低病原性鳥インフルで(18.03.13)
米国ジョージア州 鳥インフルで家きん肉等輸入停止(17.03.28)
仏サルト県からの生きた家きんなど輸入停止(18.03.07)
米ミズーリ州からの生きた家きんなど輸入停止(18.03.07)
仏からの生きた家きんの輸入停止(18.02.23)
スペインの家きん肉等輸入停止 鳥インフルで(17.02.28)
高病原性鳥インフル対策で検討会(18.02.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ