農政 ニュース詳細

2018.04.03 
NOSAI全国連が発足 収入保険の実施主体一覧へ

 平成31年からスタートする収入保険事業の実施主体となる「全国農業共済組合連合会」(愛称:NOSAI全国連)が4月2日に発足した。

 昨年6月の法律改正で「農業災害補償法」が「農業保険法」に名称を変えたことにともなうもので、全国連合会は47の都道府県農業共済組合、または農業共済組合連合会が会員となった。
 収入保険は自然災害だけでなく価格低下も含めた農業収入の減少を総合的に補てんする新しい保険でこの秋から加入受付をスタートする。加入手続きや保険金支払いなどの業務は全国農業共済組合連合会から委託を受けた地域の農業共済組合等が行う。役員は理事14名、監事3名。職員は21名。 収入保険は当面、農業関係団体や行政との連携で全国10万経営体の早期加入をめざすとしている。

▽会長理事=高橋博(※高は異体字)(学識経験者)
▽副会長理事=天野望(神奈川県農業共済組合組合長)
▽同=小八重雅裕(宮崎県農業共済組合連合会会長)
▽常務理事=成川透(学識経験者)
▽理事=岡田恒博(北海道農業共済組合連合会会長)、青柳長一郎(山形県農業共済組合組合長)、加藤憲一(栃木県農業共済組合組合長)、矢田富郎(石川県農業共済組合組合長)、柳澤伯夫(静岡県農業共済組合連合会会長)、山下英利(滋賀県農業共済組合組合長)、門出進(山口県農業共済組合組合長)、森浩一(徳島県農業共済組合組合長)、池田實生(福岡県農業共済組合連合会会長)、鈴木直(学識経験者)
▽代表監事=鈴木恒雄(和歌山県農業共済組合組合長)
▽監事=工藤忠義(岩手県農業共済組合組合長)、六車守(学識経験者)

 

(関連記事)
予算案にみる「生産調整見直し」(18.01.07)
収入保険の比較シミュレーションを公開-NOSAI(17.11.14)
ふるさと見守り活動を開始 NOSAI全国(17.08.21)
「備えの種をまこう。」‐NOSAI(17.03.15)
NOSAI制度70周年のキャッチフレーズ募集(16.11.11)
農家保管中の農産物損害を補償-全国農業共済協会(16.04.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ