農政 ニュース詳細

2018.04.04 
クリの収穫量は13%増 29年産農水統計一覧へ

・西洋ナシとカキは減少

 農林水産省は4月3日、平成29年産の西洋ナシ、カキ、クリの結果樹面積、収穫量、出荷量を発表した。西洋ナシの収穫量は前年産に比べ6%減少、カキは同3%減少、クリは同13%増加した。

 同省がまとめた農林水産統計によると、西洋ナシの全国の結果樹面積は1490haで、前年産に比べ20ha(1%)減少した。収穫量は2万9100t、出荷量は2万5700tで、それぞれ1900t(6%)、1600t(6%)減少した。
 カキの結果樹面積は1万9800haで、同比600ha(3%)減少。収穫量は22万5300t、出荷量は18万6600tで、同比それぞれ7600t(3%)、4900t(3%)減少した。
 クリの結果樹面積は1万8800haで、同比500ha(3%)減少。収穫量は1万8700t、出荷量は1万4500tで同比それぞれ2200t(13%)、2400t(20%)増加した。
 結果樹面積とは、栽培面積のうち生産者が果実を収穫するために結実させた面積のこと。

平成29年産の西洋ナシ、カキ、クリの結果樹面積(上のグラフをクリックすると大きなグラフが表示されます。)

 

(関連記事)
東北の「書店祭」にコメを賞品提供-JA全農(18.01.17)
持続可能な農業生産・経営づくりに貢献 JA全農28年度の事業(17.07.12)
「お米ダンスコンテスト」開催-JA全農(17.04.28)
グビグビ飲める 「お米のミルク プレーン」 JA全農(17.01.10)
元気な地域づくりを全力で支援(下) 全農生活リテール部 加藤武部長(16.08.31)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ