農政 ニュース詳細

2018.04.11 
農業・食料関連産業116兆円-農林漁業は12.7兆円一覧へ

 農林水産省は4月10日、28年の農業・食料関連産業の国内生産額を115兆9631億円だったと公表した。

 農業・食料関連産業の国内生産額は前年にくらべて2.5%の増加。全経済活動の11.6%を占めている。

農業・食料関連産業の国内生産額の構成

(グラフをクリックすると大きなグラフが表示されます。)

 

 部門別にみると農林漁業は12兆6955億円(+4.1%)、食品製造業は37兆6821億円(+1.1%)、関連流通業は32兆6792億円(+5.2%)、資材供給産業は2兆3196億円(▲4.0%)だった。
 このうち農業は10兆8905億円で前年にくらべて4.7%の増加となった。2年連続で10兆円を超えた。

農業・食料関連産業の国内総生産の構成(グラフをクリックすると大きなグラフが表示されます。)

 

 国内生産額から中間投入(生産のために投入された財・サービスの費用)を差し引いた農業・食料関連産業の国内総生産(付加価値額)は、53兆4431億円で前年にくらべて1.9%増加した。これは国内総生産(GDP)の9.9%を占める。
 このうち農業の国内総生産は5兆3551億円で前年にくらべて11.3%増えた。

 

(関連記事)
市場淘汰・再編の恐れ 食料安定供給に不安も【阿部裕幸・JA邑楽館林常務理事】(18.04.09)
【インタビュー・竹下亘・「地域農林水産業」振興議連会長】「田舎」守る政治実現へ(18.03.29)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
【座談会】組合員の思い 言葉に、かたちに(2)(17.10.24)
【特集・JAトップ層鼎談】組合員とともに地域に根ざす(17.08.01)
【インタビュー・JA北海道中央会 飛田稔章会長】550万道民をサポーターに(17.01.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ