農政 ニュース詳細

2018.05.10 
世界農業遺産認定記念で講演会一覧へ

・宮城、静岡、徳島の3地域を詳しく紹介へ

 農林水産省は6月1日、同省講堂で「世界農業遺産認定記念講演会」を開く。

世界農業遺産に認定された「静岡県わさび栽培地域」の美しいわさび田 農水省は昨年3月、宮城県大崎地域、静岡県わさび栽培地域、徳島県にし阿波地域の3地域に対して世界農業遺産への認定申請を承認。その後、国連食糧農業機関(FAO)での審査を経て、昨年11月から今年3月までにかけて、それら3地域が新たな世界農業遺産として認定された。現在、世界農業遺産の認定地域は世界で20カ国50地域、国内には今回の3地域を含めて11地域ある。

(写真)世界農業遺産に認定された「静岡県わさび栽培地域」の美しいわさび田

 

 講演会はこれを記念して開かれるもの。武内和彦・東京大学特任教授の講演や認定地域代表者による地域紹介のほか、開会前には、世界農業遺産認定地域の特産品紹介やパネル展示などを行うサイドイベントを実施する。開催概要や参加申込などの詳細は次の通り。

○日時:6月1日、午後2時から4時30分まで
○会場:同省本館講堂
○記念講演:武内和彦・東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構機構長特任教授
○認定地域紹介プレゼンテーション
○参加可能人数:150名程度
○参加申込要領:「世界農業遺産認定記念講演会」参加申込から申し込む(先着順)
○申込締切:5月25日、午後5時必着
※世界農業遺産や各認定地域の詳細は世界農業遺産・日本農業遺産:農林水産省から見ることができる。

 

(関連記事)
「農の可能性」をテーマに寄付講座開講 JA共済連と聖心女子大(18.04.13)
「静岡ワサビ」と「徳島にし阿波」が世界農業遺産に(18.03.13)
世界農業遺産および日本農業遺産で申請募集(18.01.17)
日本農業遺産を認定-農林水産省(17.03.15)
世界農業遺産 日本から新たに3地域(15.12.16)
銀座で佐渡の実りをPR  JA佐渡、JA全農(14.12.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ