農政 ニュース詳細

2018.05.17 
「深植え定植」をテーマに市民講座 東北農研一覧へ

・キャベツの傾きにご用心!

 農研機構東北農業研究センターは6月2日、同センター(岩手県盛岡市)で第19回市民講座を開く。※写真はイメージです。

キャベツ畑のイメージ 今回のテーマは「傾きにご用心!キャベツの機械収穫をサポートする深植え定植」。業務用キャベツの機械収穫で問題となる傾きを防ぐ方法などを紹介し、意見交換を行う。講師は山本岳彦同センター主任研究員。
 キャベツは昔から幅広く食されてきた野菜だが、近年は弁当や飲食店などの加工業務用途の需要が増えている。加工業務用キャベツは、スーパーで売られているキャベツより大玉なため、農家にとっての手取り収穫は重労働だが、近年は収穫機が開発されたことで作業負担は軽減されてきている。
 しかし、キャベツの機械収穫にも課題があり、キャベツが傾くと機械の作業性が悪化するなどの問題が生じている。セミナーではそれを防ぐ方法について紹介する。
 センターでは、地域の人々に農業研究開発の取り組みや最前線などを理解してもらうため、研究者自らが専門分野の話題を中心に分かりやすく伝える「市民講座」を実施している。次回(第20回)は7月7日、「病気に強い野菜の苗をつくる」をテーマに開催される予定。

今回講座の概要は次の通り。

 
○日時:6月2日、午前9時30分から10時30分まで。
○会場:農研機構東北農業研究センター北辰興農閣研修室(岩手県盛岡市下厨川字赤平4)
○定員:50名 (事前申し込みが必要で先着順)
○参加費:無料
○問い合わせ先:同センター産学連携室
○参加申込み方法:
 ・電子メール:www-tohoku@naro.affrc.go.jp
 ・電話:019-643-3573
 ・FAX:019-643-3588
○締め切り:5月31日

 

(関連記事)
「つくば植物工場」研修会の開催へ 農研機構(18.05.17)
菜の花畑を公開 国内唯一の公設ナタネ育種機関(18.05.09)
「温暖化で野菜は食べられなくなる?」をテーマに市民講座(18.05.02)
養豚廃水の窒素除去効率を5倍以上に改善(18.04.20)
畜産の環境負荷 実際は4割減(18.04.19)
【人事異動】民間出身の久間和生氏が理事長に 農研機構(18.04.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ