農政 ニュース詳細

2018.05.25 
JASマーク見直しなどを審議 農水省一覧へ

・今年度の第1回調査会開催へ

 農林水産省は6月1日、同省会議室で今年度第1回目の「日本農林規格調査会」を開く。なお、調査会はJAS法の昨年改正を受けて、これまでの「農林物資規格調査会」から「日本農林規格調査会」へと名称が変更している。

 今回は、(1) JAS制度の今後の展開や内外でのさらなる訴求力向上へ向けたJASマークの見直し、(2) 29年度の第2回「農林物資規格調査会試験方法分科会」の報告、(3) JAS制定と改正などを審議する。傍聴は可能で30名程度を予定。
 開催概要や傍聴方法などは次の通り。

 
○日時:6月1日、午前10時30分から12時まで。
○会場:同省本館第3特別会議室
○傍聴申込方法:FAXまたはインターネット。電話では受け付けない。
○FAX送付先:同省食品製造課基準認証室規格専門官宛。
○FAX番号:03-6744-0569
○インターネットURL:「日本農林規格調査会(平成30年度第1回)」の開催及び一般傍聴について
○申込締切:5月29日、午後5時必着。

 

(関連記事)
新たなJAS制度の展開を審議 農水省(18.02.13)
JAS規格化などテーマに調査提案募集を開始(18.01.18)
新たなJASの活用巡り 「農林水産省FOOMA特別講演」開催 FOOMA JAPAN事務局(17.06.20)
「生産現場が変わる」を目標 自民提言(17.05.22)
JAS規格 製法や管理法も対象(17.02.10)
日本・カナダ 有機制度の同等性で合意(14.09.24)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ