農政 ニュース詳細

2018.05.29 
ベトナム向けに玄米輸出が可能に一覧へ

 農林水産省は5月29日、日本からベトナムへ食用の玄米輸出が可能になったと発表した。

 ベトナム向けの日本産米の輸出はこれまで精米について認められていたが、ベトナムとの植物検疫協議の結果、植物検疫証明書を添付することを条件に輸出が可能となる。玄米は食用に限られる。
 玄米の輸出には植物防疫所で植物防疫官による輸出検査を受ける必要がある。

 

(関連記事)
検疫条件が農畜産物輸出の"大きな壁"に(18.05.11)
全中の役割学ぶ ベトナム農民連盟が訪問(18.04.25)
【金子勝・立教大学大学院特任教授】安倍首相は何のために訪米したのか(18.04.23)
輸出用米、価格の壁をどう乗り越えるのか?(18.04.17)
農業を夢のある世界に 米の需要を拡大する【藤尾 益雄(株)神明代表取締役社長】(17.11.20)
TPPで1俵2200円の米がやってくる(13.09.30)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ