農政 ニュース詳細

2018.07.06 
小麦の生産費 60kgあたり15%減少‐農水省統計一覧へ

 農林水産省は6月26日、29年産の麦類生産費を公表した。

 小麦の10aあたり全算入生産費は6万3263円で前年産にくらべて1.0%増加した。10aあたり収量の増加にともなって乾燥・調製委託数量が増えたことから、賃借料や料金が増加したことが要因。
 一方、収量が増加したことから60kgあたりの全算入生産費は前年産に比べ15.1%減少した。
 二条大麦の10aあたり全算入生産費は5万4235円で前年産に比べ0.8%増加した。収量の増加による乾燥・調製委託数量の増加が要因。一方、収量の増加で50kgあたりの全算入生産費は7673円で前年産にくらべて8.4%減少した。
 六条大麦の10aあたりの全算入生産費は4万5506円で前年産に比べて1.7%減少した。償却済み資産の増加で農機具費が減少したことが要因。50kgあたりの全算入生産費は7206円で前年産にくらべて0.4%減少した。
 はだか麦の10aあたり全算入生産費は5万3635円で前年産に比べ9.4%増加した。10aあたりの収量が増加し乾燥・調製委託数量が増えたことが要因。収量が増えたことで60kgあたりの全算入生産費は前年産に比べて12.5%減の1万1444円となった。

 

(関連記事)
畑作物の直接支払交付金231億円増-29年度支払実績(18.07.04)
麦類赤かび病防除が重要 農水省(18.05.19)
耕地利用率 前年並みの91.7%-28年(17.09.01)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ