農薬 ニュース詳細

2014.05.16 
【決算】海外で除草剤が好調 住友化学一覧へ

 住友化学(株)は5月12日、平成26年3月期の決算短信を発表した。世界経済の回復基調や、円安などを背景に、増収増益となった。

 売上高は前期比2913億円(14.9%)増の2兆2438億円、営業利益は同558億円(124%)増の1008億円、経常利益は同609億円(121.1%)増の1111億円、当期純利益は同881億円増の370億円だった(前期は511億円の損失)。
 事業部門別では、合成繊維などの基礎化学品が減益となったことを除けば、すべての部門で増収増益を達成した。
 健康・農業関連事業は、売上高が同644億円(24.5%)増の3270億円、営業利益が同119億円(45.3%)増の382億円だった。農薬は海外で生産能力の増強・拡販が奏功し、除草剤を中心に出荷が増えた。また、飼料添加物のメチオニンは市況が軟化した一方で出荷が増えた。
 同社は今後の経済動向は国内外ともに回復基調が持続すると見込んでおり、次期の業績見通しは売上高2兆3200億円、営業利益1050億円、経常利益1200億円、当期純利益450億円と、増収増益を見込んでいる。


(関連記事)

経団連とJAグループ 連携強化プラン発表(2014.05.14)

【人事速報】住友化学 米倉会長・CEOが退任(2014.05.13)

アジア地域のマラリア防除を支援 住友化学(2014.05.07)

ガーデニングでキャンペーン 住友化学園芸(2014.04.10)

アフリカ農村に蚊帳33万張り 住友化学(2014.04.07)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ