農薬 ニュース詳細

2016.10.06 
ジャガイモシロシストセンチュウへの農薬登録取得 土壌くん蒸剤「D-D剤」一覧へ

 1,3-D技術協議会は、10月5日、土壌くん蒸剤「D-D剤」が、ジャガイモシロシストセンチュウに対応する農薬登録を取得し、バレイショへの使用が可能になったと発表した。

 ジャガイモシロシストセンチュウは、バレイショなどナス科の植物に寄生する線虫で、2015年8月に、北海道で国内初となる発生が確認された。根に侵入し寄生植物の生育を阻害。作物が枯れ死するために、収穫量が著しく低下する。
 これまで有効な防除法がなかったことから、農水省と北海道はD-D剤(有効成分:1,3-D)と対抗植物を使用して、ジャガイモシロシストセンチュウの根絶をはかるためにD-D剤の農薬登録を検討してきたが、今回その取得ができたということだ。
 土壌くん蒸剤「D-D剤」は、「D-D」「DC油剤」「テロン」「旭D-D」などの商品名で、アグロカネショウ(株)、(株)エス・ディー・エス、バイオテック、ダウ・ケミカル日本(株)から販売されている。
 なお、1,3-D技術協議会は、上記各社に鹿島ケミカル(株)が加わった協議会のこと。

(関連記事)
発生ほ場を土壌消毒 ジャガイモシロシストセンチュウ 北海道 (16.09.08)

ジャガイモシロシストセンチュウを初確認-農水省 (15.08.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ