農薬 ニュース詳細

2017.03.17 
インド・ムンバイの新研究開発拠点が始動 BASF一覧へ

 BASF(本社:ドイツ)は3月3日、インドのムンバイに上海に次いで新たな研究開発拠点である「イノベーション・キャンパス・アジア・パシフィック」を始動させた。

インド・ムンバイの新研究開発拠点が始動 BASF この拠点施設には、南アジアにおけるBASFの研究開発で最大となる約5000万ユーロの投資が見込まれている。
 ここで行われるグローバルな研究活動は、BASFの100%子会社である「BASFChemicals India Private Limited」が運営する。
 新しいイノベーション・キャンパスでは、インドにおけるBASFの既存の研究開発活動を拡大し、広範な特殊化学品に関する世界と地域の研究開発を網羅し、パーソナル/ホームケア、プロセス開発、有機合成、作物保護などを含む幅広い領域が研究対象となる。BASFの副会長で最高技術責任者(CTO)であるDr.マーティン・ブルーダーミュラーは次のように述べた。
 「地球上の資源が限り有る中、世界人口は増加し、エネルギーや食品、きれいな水に対するニーズは拡大している。それらの課題に対し、化学に基くイノベーションこそが、あらたな解決策をもたらすだろう。ムンバイの拠点はBASFにとって、新しく強力なイノベーションハブとして機能する予定だ」。
 約2万平方メートルの新キャンパスには、科学研究施設、技術研究施設、最新のオフィス、大規模ホール、食堂、社員向け設備が整備されている。最大300名を収容できるこのキャンパスには、インドをはじめ世界各地の優秀な科学者が集結する予定だ.
 また直射日光による過熱を最小限に抑える二重ファサード、エネルギー効率に優れたLED照明、雨水貯蔵施設が設置され、ソーラーパネル付きの反射屋根や風力発電装置も設置されている。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ