農薬 ニュース詳細

2017.09.08 
農薬2剤で作物名・使用回数を変更 石原バイオサイエンス一覧へ

 石原バイオサイエンス(株)は、平成29年8月30日付で、「ナイスイーグルSC」の作物名と、「石原ラミック顆粒水和剤」の総使用回数を変更した。

◎「ナイスイーグルSC」
 (クロルフルアズロン水和剤)の作物名「さくら、さざんか、プラタナス(ケムシ類)」を「樹木類(ケムシ類)」に変更する。

薬剤名:「ナイスイーグルSC」
 (クロルフルアズロン水和剤)
作物名:樹木類
適用病害虫名:ケムシ類
希釈倍数:4000~6000倍
使用液量:200~700L/10a
使用時期:発生初期
本剤使用回数:4回以内
使用方法:散布
クロルフルアズロンを含む農薬の総使用回数:4回以内。
規格:250cc

 

◎「石原ラミック顆粒水和剤」
 (イミノクタジンアルベシル酸塩・ピリオフェノン水和剤)のイミノクタジンを含む農薬の総使用回数を変更する。
・作物名「きゅうり」のイミノクタジンを含む農薬の総使用回数5回以内を「7回以内」に変更する。
・作物名「いちご」のイミノクタジンを含む農薬の総使用回数7回以内(育苗期は5回以内、本圃では2回以内)を「10回以内(育苗期は5回以内、本圃では5回以内)」に変更する。
規格:500g

(関連記事)


新役員体制 石原バイオサイエンス(6月23日付)(17.06.29)


新規天敵製品「バンカーシート」などを上市 石原産業(16.12.06)


東京オフィス7月19日に飯田橋駅前に移転 石原バイオサイエンス(16.07.04)


農産物の「日本ブランド」化に貢献 窪田 隆一 石原バイオサイエンス株式会社 代表取締役社長(16.05.27)


うどんこ病などに卓効 園芸用殺菌剤『ラミック顆粒水和剤』を発売 石原産業・日本曹達(16.04.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ