農薬 ニュース詳細

2017.10.13 
外来雑草問題への対応でシンポ 日本雑草学会一覧へ

 日本雑草学会は、11月23日に、 東海から九州にかけての西日本地域に焦点を置き、農業生産に深刻な影響を及ぼしているアサガオ類やツユクサ類などの外来雑草について、その対策の必要性と各研究機関における取り組みを紹介し、今後の対策の方向性について考えるシンポジウムを開催する。

 32回目となる今回の日本雑草学会シンポジウムの概要は以下の通り。

○テーマ:農業生産における外来雑草問題への対応と展望
○日時:11月23日(木・祝)13:00~16:30
○場所:兵庫県民会館パルテホール
(兵庫県神戸市中央区下山手通)
○参加費:無料
 会場準備の都合上、できるだけ事前申し込みを
 事前に氏名・所属を下記に
○事前申し込み締め切り:11月10日(金)までに
○申込先:symposium@wssj.jp
○シンポジウムの内容:
☆基調講演 黒川 俊二(農研機構中央業究センター)
☆課題別講演
1)静岡県におけるネズミムギ問題の現状 市原 実(静岡県病害虫防除所)
2)大分県における畑地外来雑草問題の現状 河野 礼紀(大分県農林水産研究指導センター)
3)外来アサガオ問題とその対策ヒント 澁谷 知子(農研機構中央業究センター)
4)外来ツユクサ問題とその対策ヒント 松尾 光弘(宮崎大学)
☆パネルディスカッション

問合せ先:日本雑草学会シンポジウム委員長
(公財)日本植物調節剤研究協会 村岡 哲郎
 E-mail:symposium@wssj.jp
 電話:03-3832-4188
 FAX:03-3833-1807

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ