農薬 ニュース詳細

2018.03.12 
バイエルの野菜種子事業取得で独占的に協議 BASF一覧へ

 BASF(本社:ドイツ)はNunhems(R)ブランドで世界的に販売されているバイエルの野菜種子事業の買収について、最終的な合意に向けてバイエルと独占的に協議していることを3月7日に明らかにした。

バイエルの野菜種子事業取得で独占的に協議 BASF BASFによれば、バイエルはモンサント買収の計画の一環としてこの事業の売却を検討しており、両社は最終的な合意に向けて独占的に協議しているという。この取引により、BASFは将来的に種子事業と農業関連製品における市場地位を強化できるとしている。
 バイエルの種子事業と非選択性除草剤買収で合意 BASF17.10.16)で既に報じているように、昨年10月13日に、BASFはバイエルの大部分の種子事業および非選択性除草剤事業の買収について同社と合意している。

 

(関連記事)
BASF新製品の総売上げは35億ユーロに 日本企業も共同開発(18.03.07)
モンサント買収は18年第2四半期目途 バイエル(18.03.07)
かんしょ専用新アドマイヤー粒剤販売開始 バイエル(18.02.27)
画期的な殺線虫剤「ビーラム粒剤」を発売(18.02.15)
高機能な新規剤提供で世界の農業に貢献【谷 和功・三井化学アグロ(株)代表取締役社長】(17.12.28)
生産性向上の研究開発に投資【スバーシュ マーカド(Subhash Markad) BASFジャパン(株)農薬事業部執行役員 事業部長】(17.12.19)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ