食品流通 ニュース詳細

2016.11.30 
ファーストフード好調 売上げ前年上回る 10月の外食産業一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会はこのほど、協会会員社を対象とした「外食産業市場動向調査」の10月度の集計結果をまとめた。

 10月度は、前年よりも休日が1日多かったことから、ファーストフード(FF)やファミリーレストラン(FR)など週末の集客が大きい業態が売上げを伸ばしたことに加えて、ハロウィーン需要が好調だったFFが引き続き全体を牽引した結果、全体の売上げは105.3%と2カ月連続して前年を上回った。業態別の概況は以下の通り。
【FF】業態全体の売上げは109.4%と昨年12月から11か月連続で前年を上回っている。業種別では、「洋風」はかつて好評だった商品の復刻キャンペーンが好調なところもあり売上げは112.9%となった。「和風」は携帯会社とのコラボが客数(114.5%)を押し上げ、売上げも112.6%となった。その他、「麺類」(売上げ104.4%)、「持ち帰り米飯・回転寿司」(同104.1%)なども好調だった。
【FR】業態全体の売上げは、休日が多かったこともあり客数が伸び(102.9%)たこともあり、103.0%と3ヵ月ぶりに前年を上回った。業種別では、洋風は価格訴求力のある店が引き続き好評で103.1%、「和風」はメニュー改定で客単価が上がった店もあり売上げは102.3%に、「中華」も食材の国産化の取り組みが結実した店もあり売上げは102.3%、「焼き肉」も値ごろ感あるメニュー導入などで客数が増え売上げは104.8%となるなど、各業種が好調だった。
【パブ・居酒屋】「パブ・ビアホール」業種は、ハロウィーン需要や店舗増で売上げは104.0%と好調だったが、「居酒屋」は引き続き店舗削減で売上げは89.9%と前年割れが続いている。
【ディナーレストラン】店舗数と休日の集客増で売上げは105.3%と3か月連続で前年を上回った。
【喫茶】平日が少なかったことがマイナスに作用したが、客単価が上がり、売上げはほぼ前年並みの100.4%となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ