食品流通 ニュース詳細

2016.12.15 
新潟抜いた! 北海道米 食のイメージ調査2016一覧へ

 (株)バイヤーズ・ガイドが全国の20~69歳の男女1万5566人に行った「47都道府県<食のイメージ>調査2016」がこのほど公表された。米のイメージがある都道府県では北海道が1位となり新潟県を抜いた。

 食のイメージがある都道府県で最も回答が多かったのは北海道(52.3%)、次いで大阪府(31.0%)、福岡県(23.8%)だった。さらに今年食べて印象に残っている都道府県は、同じく北海道が最も多く(28.2%)、次いで福岡県(10.3%)、大阪府(10.2%)で、食のイメージと食べた印象が強いものでは大きく差がでなかった。
 同社は、食べて印象が残った都道府県は北海道、福岡県、大阪府のあとに京都府、長野県などと続くことから、旅行や出張先での来訪頻度が高い都道府県がランクインしていると分析。「旅行」と「ご当地グルメ」がセットとなって消費者の心に訴求したのではとしている。
 米のイメージがある都道府県で最も回答が多かったのは北海道(14.9%)、次いで新潟県(14.7%)、秋田県(10.7%)となった。同社はテレビCMで北海道米の「ゆめぴりか」「ななつぼし」「きらら」などが認知されてきたためではないかと指摘している。しかし固有名詞で見ると依然として新潟県のコシヒカリ、魚沼産コシヒカリが強いブランド認知があった。
 米の品種ランキングで最も多いのがコシヒカリ(85.9%)、あきたこまち(69.7%)、ひとめぼれ(37.1%)だった。
 調味料のイメージのある都道府県では愛知県(3.9%)が最も多く、次いで千葉県(2.1%)、京都府(1.9%)などと続いた。地域ブロックごとに見ると、北海道では「昆布醤油」、秋田県は「しょっつる」、宮城県は「仙台味噌」、愛知県は「八丁味噌」、千葉県は「醤油」などがあがり、地元になじみのある調味料をあげる人が多かった。醤油ひとつでも地域ごとの特徴があると同社は分析している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ