食品流通 ニュース詳細

2017.05.19 
惣菜市場規模9兆8399億円に 日本惣菜協会一覧へ

 (一社)日本惣菜協会は、中食・惣菜業界の国内市場の調査結果を「2017年版惣菜白書」としてまとめた。これによると2016年の惣菜市場規模は前年比102.7%の9兆8399億円となっており、17年中には10兆円を超える見通しだという。

 これによると、2016年の惣菜市場規模は9兆8399億円と前年比102.7%となっていて、毎年堅調に伸張していることから、惣菜協会では、2017年に10兆円を超える見通しだとしている。
 これを業態別の市場規模でみると、CVSが前年比105.0%の3兆1133億円と全体の31.6%を占め、次いで専門店・他が前年比100.9%の2兆9024億円で同29.5%、食品スーパーが前年比103.6%の2兆5417億円、同25.8%となっている。これに対して、総合スーパーは前年比99.8%の9148億円の同9.3%、百貨店は前年比99.0%の3674億円、同3.7%と前年実績を下回る結果となっている。
 CVSは2015年も全体の30.9%を占め、専門店・他の30.0%を上回っており、惣菜市場における存在感が年々高まっているといえる。
 カテゴリー別構成比をみると、おにぎり・寿司・弁当など「米飯類」が50.3%となっている。次いで、和洋中の惣菜や煮物、焼き物、揚げ物、サラダなどの「一般惣菜」が32.5%となっており、この2つのカテゴリーで80%以上を占めている。その他、容器包装後に低温殺菌され冷蔵で1か月程度日持ちする調理済包装食品(ポテトサラダや肉じゃが、サバの味噌煮など)である「袋物惣菜」が6.7%と年々存在感を増してきている。また、調理麺が5.5%、調理パンが5.0%となっている。
 惣菜市場の伸張は「高齢化・核家族化・女性の社会進出などライフスタイルの変化の反映」にあると惣菜協会は分析しているが、月平均購入金額をみるとどの地域でも「1000円未満」が30~40%ともっとも多く、次いで「1000円~1999円」が30%強と利用者の半数以上が、月に2000円未満の利用となっている。
 また、購入時の選択基準は「おいしさ」が、近畿圏64.3%、首都圏63.8%、中国・四国圏61.5%、北陸60.0%といずれも60%を超えている。次いで「価格」が各地域とも50%台となっているように、「おいしさ」と「価格」を重視する傾向が強いようだ。
 こうした調査結果の詳細は、5月23日に発行される予定の「2017年版惣菜白書」に掲載されている。同白書は下記にて申し込むことができる。
(一社)日本惣菜協会 電話:03-3263-0957 FAX:03-3263-1325 E-mail:yamamurara@nsouzai・kyoukai.or.jp
 価格は、惣菜協会会員。賛助会員・協力会員・惣菜管理士・学校関係者・境界教育事業受講者は3000円、一般企業・個人は5000円。体裁は、B5版172頁。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ