食品流通 ニュース詳細

2017.12.05 
料理男子が大活躍 全国親子料理対決-ウィズガスCLUB事務局一覧へ

・ウィズガス全国親子クッキングコンテスト大会

 ウィズガスCLUB(事務局:(一社)日本ガス協会)は11月26日、東京ガス新宿ショールームで、「第11回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト関東中央地区大会」を開催した。

料理自慢のコンテスト参加者 この大会はウィズガスCLUBが主催。総務省・文部科学省・農林水産省・経産省関東経済産業局・全国小学校家庭科教育研究会・東日本料理学校協会の後援で行われるもので、今回で11回目となる。
 同大会の実技選考会場では、2万6900点の応募作品の中から、各地区大会で勝ち残った11チームにより、アイデアとチームワーク豊かな、心温まる料理対決が繰り広げられた。
各チームとも、地元の食材を使用したメニューを中心に、自慢の料理を披露した。どのチームも、子どもの活躍が目立つレベルの高い対決となり、各審査委員も「年々レベルが上がっており、今年は特に拮抗していた」と講評した。
 実技選考の結果、11組の中で唯一の、父親と男子生徒のペアチームである小野塚さん親子(神奈川県)のメニュー、「かながわ親子漫才(万菜)」が優勝した。このメニューには、お婆さんお爺さんが手作りした梅干と干物が使われ、家族全員の気持ちがこもった作品となった。
 準優勝には藁科さん親子(茨城県)の「栄養たっぷり!茨城たっぷり!味わうごはん」が、第3位には黒澤さん親子(長野県)の「秋を感じる色どりごはん」が選ばれた。 上位3チームは、2018年1月28日に東京ガス新宿ショールームで開催される、同コンテスト全国大会に出場する。

(写真)料理自慢のコンテスト参加者

 

(関連記事)
旬の食材で和食の基本を学ぶ(17.12.01)
正月料理をテーマに 和食会議がセッション(17.11.24)
カルローズへの関心高める外食・中食業界(17.11.13)
「お腹からやせるごはんの食べ方」講演も-JA全農(17.11.07)
農はアート?食文化を国内外に発信-東京ハーヴェスト2017(17.11.07)
「和食の日」にワークショップ 24日、農水省が都内で(17.11.15)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ