食品流通 ニュース詳細

2018.01.24 
介護職員初任者研修で受講生募集を開始一覧へ

・都市生活コミュニティセンター、1月29日から

 生活クラブ生活協同組合都市生活(本部、兵庫県西宮市)を母体とするNPO法人都市生活コミュニティセンター(兵庫県神戸市、林佳子理事長)は、2月から「介護職員初任者研修」を開講する。講座は尼崎市中小企業センターを会場に、全22回にわたって行われる。1月29日から受講生の募集を開始する。

 都市生協は地域での共同購入運動を通じて、食や環境をめぐる課題に取り組む中から、市民がともに支え合う豊かな地域社会づくりをめざす福祉事業へと活動の幅を広げてきた。その活動を母体に2001年に発足した同センターは現在、訪問介護事業所(ホームヘルパーの派遣)や居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)をそれぞれ神戸市内に2か所、尼崎市に1か所を設けて高齢者介護事業を行っている。
 昨年10月にはサービス付き高齢者向け住宅「パンセ武庫之荘」を設立、小規模多機能型居宅介護事業の取り組みを始めたばかり。今回の講座開講の目的は、地域で介護福祉事業を担い、ともに支える仲間を増やすことにある。
 介護職員初任者研修とは介護職に就くための、いわばスタート資格(以前のホームヘルパー2級に相当)で、講座では食事や入浴介助、排せつなど、高齢者や障がい者への専門的なサポートの知識と技能を身につけるもの。講義は神戸学院総合リハビリテーション学部の教授や神戸ライフ・ケアー協会理事長など一流の講師陣が行う。また、
講座修了者には働き方に合った就労先を紹介するなどサポート体制も充実している。

【都市生活コミュニティセンター介護職員初任者研修の開催要項】

○日程:2月15日から7月 19日までの全22回。
○会場:尼崎市中小企業センター(尼崎市)
○受講料:5万9800円(税 別、テキスト代別)
○参加資格:誰でも可能
○受講申込受付:1月29日から
○問い合わせ先:都市生活コミュニティセンター・パンセ武庫之荘。
○電話:06-4950-5103。
○FAX:06-6433-8490

 

(関連記事)
ギグエコノミーと地方の底力(18.01.10)
俳優・佐藤二朗が介護を語る JA共済連が特設Webサイト開設(17.11.14)
積極的に組合員の意思反映・後半【JAあいち知多(愛知県)】(17.11.10)
地域包括ケアへ対応を 文化厚生連が研究会(17.10.30)
【第39回農協人文化賞記念シンポジウムより】受賞者の経験活かそう(17.07.21)
【「あったらいいね」を形に】JA改革の中での女性組織の役割(17.01.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ