食品流通 ニュース詳細

2018.02.28 
売上げ17か月連続で前年超え 外食産業1月の市場動向一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会は、会員社を対象とした外食産業市場動向調査の平成30年1月度の集計結果をまとめた。

 1月は、下旬の関東地方を中心とした大雪や強い寒気の影響はあったが、正月3日間や成人の日など年始需要が概ね好調だったことから、ファストフード(FF)が洋風・和風を中心に好調を維持、さらにファミリーレストラン(FR)も引き続き客単が上昇し、全体売上げは103.1%と17か月連続で前年を上回った。業態別動向は以下の通り。

 
【FF】
全体売上げは105.4%で引き続き前年を上回っている。「洋風」は期間限定商品やリニューアル商品が好調で売上げは107.4%と伸びた。
 「和風」は鍋メニューのテイクアウト訴求の奏功や原材料高による価格改定などで売上げは107.1%に。「麺類」は店舗増(102.5%)とトッピングの値上げなどで売上げは103.1%に。「持ち帰り米飯・回転寿司」は降雪が客数と物流に影響して売上げは99.2%と前年を下回った。「その他」はカレーが価格の順次改定で客単価が上昇し売上げは103.0%となった。

 
【FR】
全体売上げは100.8と前年並みを確保した。「洋風」は高価格メニューが堅調で客単価は上昇(102.8%)したが、雪の影響や元日休業などで営業時間の短縮もあり客数が伸びず(97.1%)売上げは99.8%と前年割れとなった。「和風」は正月需要で客単価は上がった(102.0%)が雪の影響でシニア客などが減少し売上げは97.8%となった。「中華」は、店舗増(102.6%)や割引キャンペーンなどで客数が増加(102.4%)し売上げは102.5%と前年を上回った。「焼き肉」は引き続き好調で売上げは108.3%と14か月連続で前年を上回った。

 
【パブ・居酒屋】
飲酒業態は年始需要は好調だったが、下旬の大雪と気温低下などから客足に影響、全体売上げは96.4%と前年を下回った。とくに「居酒屋」は店舗減少(96.0%)と雪の影響で客数が落ち(97.0%)、売上げは96.1%となった。

 
【ディナーレストラン】
雪の影響はあったが年始需要が好調で売上げは103.5%と前年を超えた。

 
【喫茶】
ホットフードや菓子メーカーとコラボしたホットドリンクが好評で客単価が上昇(101.9%)し、売上げは101.1%となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ