食品流通 ニュース詳細

2018.05.23 
宅配は37か月連続前年超、店舗は前年割れ一覧へ

・全国主要生協の4月度供給実績

 日本生協連は、全国64主要地域生協の2018年4月度供給実績(速報値)をまとめた。

2018年4月度供給高速報値(対象生協数64)

 2018年4月度の総供給高は、2127億300万円、前年同月比101.2%と前年実績を上回っている。

2018年4月度生協供給高前年同月比推移(表をクリックするとPDFファイルが開きます。)

 

 店舗事業は水産の不調もあって737億4400万円と前年比99.0%と前年実績に届かなかった。宅配事業は1335億7200万円で同101.2%、うち個配事業は948億4300万円、同102.5%と2015年4月から37か月連続して前年を上回っている。

 

(関連記事)
宅配は36か月前年超、店舗は一歩届かず(18.04.23)
GMO食品を避けたい消費者に選択の機会を(18.04.03)
東京大学と連携 日本生協連が健康チェックシステム構築(18.03.13)
JA・生協などが新組織JCAを立ち上げ(18.02.28)
【農協研究会・報告(2)】水田フル活用の法制化を 加藤好一・生活クラブ生協連合会会長(17.12.16)
生協の「地域見守り協定」締結1022市区町村に 日本生協連(17.10.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ