食品流通 ニュース詳細

2018.05.29 
売上げ20か月連続前年超 4月の外食産業一覧へ

 (一社)日本フードサービス協会は、会員社を対象とした外食産業市場動向調査平成30年4月度の集計結果をまとめた(前年同月比で算出)。

 4月は、花見需要のピークが3月に早まったことで、持ち帰り米飯、回転寿司、ファミリーレストラン(FR)、居酒屋などで客数が減少したが、価格改定の傾向や高単価商品の好調で、客単価上昇が続いており、全体の売上げは101.8%と20か月連続で前年を上回っている。業態別の動向は次の通り。

【ファーストフード(FF)】
全体の売上げは102.1%と依然好調をキープしている。「洋風」は定番商品をアレンジした新商品が牽引し、客数・客単価が上昇し売上げは103.4%。「和風」は原料高による価格改定で客単価が上昇し売上げは104.1%。「麺類」は店舗増と客単価の上昇で売上げは103.5%。「持ち帰り米飯/回転寿司」は花見需要のピークが3月となり、客足は97.9%と減少したが価格が高めの商品投入が奏功して客単価が102.2%となり、売上げは100.1%と前年並みを確保した。

【FR】
全体の売上げは101.7%と前年を上回った。「洋風」は客数は減少したが、引き続き特別メニューや高付加価値メニューが好評で客単価が上昇し売上げは100.5%と前年並みを確保した。「和風」は花見需要が前倒しとなり売上げは99.3%と前年を下回った。「中華」はお客様感謝キャンペーンによる集客増で売上げは106.1%。「焼き肉」は根強い肉ブームもあり、売上げは引き続き好調を維持し105.7%と17か月連続で前年を上回っている。

【パブ・居酒屋】
売上げは96.7%と前年を下回った。「パブ・ビアホール」は新社会人など若者層のグループ需要をとらえたところもあり、売上げは100.6%と前年並みに。「居酒屋」は店舗の減少と低中価格帯店舗では、FFやFRの酒販売やコンビニとの競合で売上げは95.7%と苦戦している。

【ディナーレストラン】
歓迎会需要や大型商業施設への出店が好調で、売上げは104.0%となった。

【喫茶】
季節ドリンクや高単価のフェアメニューなどが奏功し、売上げは103.2%となった。

 

(関連記事)
【農協研究会・第1報告 米価下がれば需要増える】熊野孝文・(株)米穀新聞社記者(18.05.25)
問われる将来の食料生産力 農業犠牲の交渉でいいのか【田代洋一・横浜国大名誉教授】(18.05.23)
中国向け精米輸出施設を追加-日中で合意(18.05.10)
19か月連続で前年上回る 日本フードサービス協会の3月度売上げ調査(18.05.01)
【農林水産省・柄澤彰政策統括官に聞く】どうなる? 米政策(18.04.17)
日本米は美味しいと中国で評判【馬場祥博・味千ホールディング事業発展総経理】(18.02.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ