栽培技術 ニュース詳細

2016.11.28 
12/8 名古屋で「水田輪作とICT」でマッチングフォーラム 農研機構一覧へ

 農研機構と農水省は12月8日(木)、愛知県名古屋市・名古屋国際センターで「水田輪作における省力・低コスト生産とICT・RTの開発・普及への取り組み」 をテーマにした東海マッチングフォーラムを共催する。

 大規模水田での稲や麦、大豆、野菜の栽培を中心とした栽培体系と、ロボット作業機や営農計画支援システムの開発状況を紹介する。
 開催日時は12月8日(木) 13時00分~17時30分。場所は愛知県名古屋市の名古屋国際センター 別棟ホール。
 当日参加も受け付けるが、資料の配布などの関係で事前登録をすすめている。登録は農研機構ホームページのオンライン参加申込のリンクから。
 開催内容は次の通り(敬称略)。
◎講演 13時15分~16時00分
ア) 水田輪作における多収・低コスト・省力生産技術体系
1.多収栽培と高能率作業による低コストな水田輪作体系 農研機構中央農業研究センター 生産体系研究領域 大下 泰生
2.湿害回避に有効な技術体系を用いた水田輪作体系 三重県農業研究所 農産研究課 川原田 直也
3.キャベツの省力・機械化栽培技術 滋賀県農業技術振興センター 栽培研究部 北澤 健
イ) ICT・RT(情報通信技術・ロボット技術)の実証
1.トラクタの協調作業システムとスマート農業システムを活用した営農実証 (株)クボタ 機械研究業務部 後藤 義昭
2.経済的評価からみた低コスト生産技術とICT・RT 導入のシナリオ 農研機構中央農業研究センター 農業経営研究領域 松本 浩一
3)総合討議 16時05分~16時45分
4)技術相談(パネル展示) 16時45分~17時30分

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ