栽培技術 ニュース詳細

2016.12.08 
ウンシュウミカンの両親判明 農研機構一覧へ

 農研機構は12月7日、これまで明らかになっていなかったウンシュウミカンの親品種をDNA鑑定で推定したことを公表した。種子親がキシュウミカン、花粉親がクネンボだと考えられる。

左から種子親と判明したキシュウミカン花粉親クネンボウンシュウミカン

 ウンシュウミカンは日本でカンキツ出荷量の約7割(平成25年調べ)を占める品種。在来品種のため、これまで親品種がわからなかった。
 DNAマーカーで鑑定を行い、種子親がキシュウミカン、花粉親がクネンボと推定されている。
 これで、ウンシュウミカンと親品種のゲノム情報を調べることで、機能性関与成分のβ-クリプトキサンチンを多く含むなど、ウンシュウミカンの優れてた形質の遺伝子レベルでの解明が大きく進み、新規DNAマーカーの開発などで品種改良の効率化に貢献できると考えられる。
(写真)左から種子親と判明したキシュウミカン、花粉親クネンボ、ウンシュウミカン

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ