栽培技術 ニュース詳細

2017.03.17 
メキシコの植物遺伝資源 研究用に日本へ一覧へ

 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS=筑波大学生命環境系・遺伝子実験センター渡邉和男教授代表)はこのほど、メキシコ政府から植物遺伝資源であるハヤトウリの、日本の研究用分譲承認を取得した。生物多様性条約名古屋議定書に基づくメキシコと日本間分譲の第1号で、メキシコ政府としても2番目の国際分譲承認。

 ハヤトウリは熱帯から亜熱帯に広く分布しており、原産地のメキシコや中米、ラテンアメリカでは食生活に欠かせない農産物として料理に使われている。メキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領はハヤトウリを欧米への輸出品目として明言している。日本では九州南部や沖縄県、千葉県で栽培されているが、流通は地域限定的。
 1株で100~150の果実が収穫できるが、品種の数は少なく、病害や環境変動に対応できる新品種が期待されている。
 筑波大学ではSATREPSの一環として、長期保存法の開発や新品種育成などを行う予定。将来的には研究成果をメキシコ農村社会やアジア圏などに還元することを目指す。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ