栽培技術 ニュース詳細

2017.09.07 
農研機構と東京農業大が連携協定締結一覧へ

 農研機構と東京農業大学は、9月6日に包括的連携協定を締結した。

協定書を取り交わす、鷹野東京農業大学学長と井邊農研機構理事長(写真)協定書を取り交わす、高野学長(左)と井邊理事長

 両者はこれまでも共同研究や人材育成について連携してきたが、両者の「強みを融合し、更なる共同研究の推進、研究者及び教員間の研究交流等を促進することにより、我が国の農業・農村・食品産業の活性化及び国民生活の向上に寄与する」ことをめざして、この包括的連携協定を締結することにしたという。
 今後の取組みとしては、▽共同研究を推進するため、双方で研究資金を拠出するマッチングファンド型共同研究制度の創設、▽農研機構研究者と東京農大教員間での研究交流の促進、▽研究施設、研究設備の相互利用を可能にする、ことにしている。

※高野学長の「高」の字は正式には異体字です。

(関連記事)


【座談会 農協人を育み現場を支える】「農」の進化に挑み続ける東京農大(17.07.24)


体外培養で成熟卵子を作る第一歩 最優秀論文賞受賞東京農業大学・農研機構(17.03.29)


東京農大学生 福島で勉強 恵比寿でマルシェ(17.02.20)


東京農大・東洋ライスが 包括連携協定を締結 東洋ライス(16.12.13)


GISで農家所得の増大を(下) 東京農大農協研究部会・GIS部会(16.11.14)


GISで農家所得の増大を(上) 東京農大農協研究部会・GIS部会(16.11.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ