農機・資材 ニュース詳細

2015.05.27 
ノントレー包装機で省エネ・省資源・省食品ロスを実現 寺岡精工一覧へ

 (株)寺岡精工(本社:東京都大田区)は、6月9日から4日間、東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN2015」に、ノントレー包装機などを出展、食品機能性包装ラインでの革新的な提案を行う。

 「FOOMA JAPAN2015(国際食品工業展)」の寺岡精工ブースでは、現在スーパーマーケットなどで展開中のエコ活動(トレー削減)に貢献している真空・鮮度保持ノントレー包装の最新機種をはじめ、高精度のガス置換包装や、さまざまな容器形状・材質に対応するシール機能を誇る自動トレーシーラーラインなどが展示される。
 注目の製品は、ノントレー包装の最新機「SiennaSP-BI」だ。単身世帯を中心に、ますます市場ニーズが高まるカット販売用野菜を、より効率的に美しく高速でシュリンク包装し、鮮度と品質を長く保つことができる。
 しかも、カットされた個々の野菜のサイズに合わせ、最適な長さで包装するため、包装フィルムの無駄を大幅に削減できるという優れた機能がある。
 このほか、商品ラベルのライナー(台紙)を無くして紙の使用量を最小限に抑え、商品ラベル貼り付け作業時間の短縮を実現した、ライナーレス自動ラベルプリンターなどの多彩な製品を展示し、現場のニーズや職場環境に合わせたパッケージングシステムを提案している。

ノントレーシュリンク包装機と包装商品サンプル

(写真)ノントレーシュリンク包装機と包装商品サンプル

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ