農機・資材 ニュース詳細

2016.11.09 
ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」開催 ヰセキ、丸山製作所も一覧へ

 農林水産省は「消費者と生産者の絆」や「日本と世界の絆」を深めることを目的に毎年「JAPAN HARVEST」を開催している。今年は2016年11月5日、6日の両日、東京・丸の内仲通り、行幸通りを会場に開催された。

ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」開催 ヰセキ、丸山製作所もジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」開催 ヰセキ、丸山製作所もジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」開催 ヰセキ、丸山製作所もジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」開催 ヰセキ、丸山製作所も

 開催5年目となる今年は「丸の内農園」をテーマに、首都東京の玄関口に当るお洒落な街角を特設会場にして、日本の農業や食文化を、さまざまなイベントを通して、大勢の都民や国内外の観光客に紹介した。
 今回は同会場で、農業女子プロジェクト第3期集大成イベントも併催された。農機業界から農業女子PJに参画しているのは、井関農機(株)と(株)丸山製作所だけだが、両社とも農業女子PJ仕様のトラクタ、耕うん機、草刈機などを出展した。
 井関農機は、農業女子PJメンバーの意見を織り込んだコラボレーション農機の第1弾のトラクタ「しろプチ」をはじめ、農業女子とともに開発した、みんなに使いやすいミニ耕うん機「ちょこプチ」を出展し、注目された。
 井関農機は、農林水産省が推進する農業女子PJに、発足時より参画している。同社が取組む「夢ある農業女子応援PJ」では、農業に携わる女性が、農業や農業機械について感じている疑問や課題について、その解決に向けサポートすることを目的に、農業機械取扱セミナーなどを各地で実施してきた。
 昨年6月には農業女子コラボ第1弾として、トラクタ「Z15(しろプチ)」を商品化し、好評発売中だ。
 このたびは、農業女子コラボ第2弾として、「性別、年齢を問わず親しみやすいデザインにしてほしい」「エンジンの始動方法がわかりにくい」「燃料補給が大変」といった農業女子の声を反映し、小柄な人や農業機械に不慣れな人でも、安心して簡単に操作できるミニ耕うん機を商品化した。
 従来の耕うん機には無いお洒落でシックなグレージュカラーを採用、商品名も可愛らしい「ちょこプチ」と名付け、3型式を11月4日に発表したもの。
 丸山製作所は、農業女子PJメンバーの意見や要望を取り入れて開発した女性のための草刈機「かるーの」を展示した。女性でも楽に作業が出来ることをコンセプトに、軽く操作性に優れた可愛い草刈機だ。シャフトの長さや刃の角度、機体の重量なども改良されている。ピンクカラーも印象的だ。
 また、「防除はついに空へ」をキャッチフレーズに開発された、今話題のドローン「丸山のスカイマスター」も展示された。先般、同社の千葉工場で女子社員がスカイマスターを操作して、デモフライトを公開し、話題となった。

(関連記事)
都心で農業体験 ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」 (16.11.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ