農機・資材 ニュース詳細

2017.02.08 
PR 持続可能な農業を考える。ヤンマーの密苗が省力化・低コスト化の切り札になる!一覧へ

 「密苗」とは、育苗箱当たりの乾籾量が通常100〜150gのところ、250〜300gと高密度に播種し、ヤンマー独自の新技術で慣行同様に3〜5本ずつかき取り移植、これまでの田植えと同様に正確に移植する技術です。

◆最新のテクノロジーが持続可能な農業を実現する

持続可能な農業を考える。ヤンマーの密苗が省力化・低コスト化の切り札になる! 私たちヤンマーが取り組んでいるテーマは「持続可能な農業」の実現です。そのために必要なことは、農業の効率化とそれを支えるサポート体制だと考えます。例えば、苗箱数が減り、育苗コストや管理・移植作業の労力を大幅に削減できる新しい水稲栽培方法「密苗」は農業の省力化・低コスト化を推し進める「トータルコストダウン」の代表的な取組みです。管理方法も今までの慣れ親しんだやり方で大丈夫、難しい技術は不要です。そして、ヤンマーは「密苗」にしっかり対応する乗用田植機YR−Dシリーズをラインナップ! 植付け爪やレール取り口の幅を狭く設定し、育苗箱から小面積をより精密にかき取り、浮き苗・欠苗の少ない正確な植付けを可能にしたヤンマー最新のテクノロジーがここに生かされているのです。
持続可能な農業を考える。ヤンマーの密苗が省力化・低コスト化の切り札になる! 次回からは、慣行栽培との違い、労力の削減とコストダウン、そして経営規模の拡大まで、実際に「密苗」に取り組んだ農家の方々のナマの声を日本全国からご紹介していきたいと思います。
「密苗」に関する詳しい情報は、ヤンマー株式会社HPへ

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ