農機・資材 ニュース詳細

2017.03.15 
畑作向け コーティング肥料を共同開発 タキイ種苗一覧へ

タキイ種苗
ジェイカムアグリ
サンアンドホープ

 タキイ種苗(株)はジェイカムアグリ、サンアンドホープと共同開発したコーティング肥料「フルコントロール」シリーズを4月から発売する。配合量の違う6商品に加え、農家からのセミオーダー、フルオーダーにも対応する。

「フルコントロール」シリーズ コーティング肥料は、追肥作業の省力化、農家の高齢化への対応、施肥量削減による施肥コスト低減などで注目を集めている。
 「フルコントロール」シリーズは、タキイ種苗が提案と販売、ジェイカムアグリが原料供給、サンアンドホープが製造を行い、共同開発した。
 特徴は(1)配合されたN、P、K、Mg、Caの5つの成分すべてをコーティング、(2)野菜の要求量の高い硝酸態チッソを配合しCaの吸収促進、(3)6種類(下表)の施肥設計にあわせて選べること。溶出日数は140日タイプ。
 希望小売価格は1袋(10kg)各5000円(税・送料別)。

「フルコントロール」シリーズ

 なお、6種類の施用提案は、次の通り。
F:安定した肥効の溶出、成分全般の設計置換
MgCa:品質向上、生理障害の軽減(果菜類、白菜、キャベツ、セロリー)
HN:安定した草勢の維持、果菜類の成れ疲れ軽減、栽培期間の長い作型
HP:リン酸要求量の多い作物向け(タマネギ、レタス等)
HK:カリ要求量の多い作物向け(トマト、ナス、大豆、インゲン、サツマイモ等)
HV:リン酸が十分にあるほ場への減肥設計

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ