農機・資材 ニュース詳細

2017.05.26 
売上高は386億5700万円 片倉コープアグリ一覧へ

 政府は昨年末に「農業競争力強化プログラム」を取りまとめ、生産資材価格の引き下げなどの施策を打ち出したこともあり、肥料業界は利益面で苦戦を強いられている。同社の決算は、そうした厳しい事業環境を反映したものとなった。

決算説明する野村豊社長 片倉コープアグリ(株)の最大顧客であるJA全農も、生産資材費引き下げのため、輸入肥料の本格的取り扱いや、肥料銘柄の大幅集約を打ち出しており、肥料業界最大手メーカーである同社は、厳しい事業環境に直面している。
 こうした情勢下で同社は、前年度に行った経営統合の効果実現を急ぎ、業務効率化による徹底した経費削減による競争力のある生産コストを目指し、国内トップクラスの肥料メーカーとして、地域の特性や多様なニーズに応える製品の開発・製造・販売を通じて、国内農業の再生・発展に寄与していく方針だ。
 当連結年度の業績は、経営統合による肥料販売数量及び業容の拡大により、売上高は386億5700万円(前年同期比23.0%増)の2ケタ増収となった。
 利益面では、6月、11月の肥料価格が大幅値下げとなったことから、値下げ前に保有していた在庫の原価率上昇などの影響により、営業利益6億400万円(同40.5%減)、経常利益は6億1000万円(同39.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は5億800万円(同74.2%減)となった。
(写真)決算説明する野村豊社長

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ