農機・資材 ニュース詳細

2017.06.16 
ミャンマーで精米機器の移動セミナー サタケ一覧へ

 サタケ(本社:東広島市、佐竹利子代表)は昨年10月より、ミャンマ市場でのシェア拡大のため、販売協力店アディパティ社(ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市)と協同し、地方都市部の精米工場経営者らを対象に、移動展示車を使用した精米機器セミナーを展開している。

 ミャンマーは、2011年の文民政権成立以後、経済の自由化や海外企業による急速な投資拡大 を背景に、アジアトップクラスの経済成長を続けている。
 成長を続ける同国市場での販売拡大を図ることを目的に、サタケでは2012年からヤンゴンに本社を置くアディパティ社との販売協力を始めた。
 昨年5月には同社にサタケ製品展示販売用のショールームを開設するなど、主に都市圏での販売機能を強化してきた。新たな取組みとして、昨年10月より地方都市部において、現地精米工場経営者らを対象に、荷台コンテナに簡易精米システムを組み込んだ、自家発電機搭載の移動展示トラックによる精米機セミナーを展開している。
 セミナーでは、最新精米機器の実演をはじめ、製品特長や品質の高さ、アフターサービス体制をサタケ社員が説明した。小規模精米工場で、高品質米を生産したいという経営者のニーズにマッチし、成約に結びついているという。
 サタケでは、精米機械の設置場所を選ばない移動展示車でのセミナーを積極的に展開することで、地方都市部での市場シェア拡大を図っていく考えだ。

サタケミャンマーでのセミナー会場の様子

(写真)精米機器移動セミナー会場の様子

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ