農機・資材 ニュース詳細

2017.07.05 
平成28年度安全鑑定結果 農研機構一覧へ

 農研機構は6月30日に、平成28年度安全鑑定結果を発表した。平成28年度分の安全鑑定適合型式数は、10機種177型式であり、うち「その他機種」に分類されたものは3機種8型式だった。

◎農用トラクター(乗用型)
 安全鑑定適合機は6社92型式で、走行型式は車輪式が73型式、半装軌式(後輪のみ)が18型式、装軌式が1型式だった。搭載機関の定格出力は16.1~191.0KW(22~260PS)排気量は1.330~7.365Lで、うち機関出力74KW(100PS)以上の全体に占める割合は約40%だった。
 排出ガス規制対応では、19KW以上の規制対象88型式のうち、国内3次規制対応が13型式、国内4次規制対応が75型式だった。
 安全対応では、トラクタ転倒事故の一因である左右ブレーキの連結忘れを防ぐ片ブレーキ防止装置が、国産の安全鑑定適合機65型式のうち64型式に備えられていた。

◎コンバイン(自脱型)
 28年度は2条刈1型式、3条刈6型式、4条刈5型式の計12型式の適合機があった。
 3条刈以上はすべてDOC(ディーゼル酸化触媒)を装備、型式によってはDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)を併載することで、ディーゼル特殊自動車の排出ガス国内3次規制に適合したエンジンを搭載していた。
 オーバーヒート対策のためにラジエーターカバー内部に逆流ファンを備えたもの、食味・収量センサを備えたもの、スマホとの連携による営農支援機能を持つもの、小型を除く10型式で、緊プロ開発装置の手こぎ部緊急停止装置を備えていた。◎乾燥機(穀物用循環型)
 28年度は、最大呼称張込量0.9~10.0tの53型式適合機があった。うち14型式は熱風式、39型式は遠赤外線熱風併用方式だった。斜流式送風機使用が19型式、遠心式が25型式、軸流式が9型式だった。
 乾燥機では初の非破壊近赤外線水分計を搭載したものがあった。また乾燥機の作業データを記録・管理できるものが増加傾向にある。

◎その他の機種
 その他機種としては、乗用管理機、いぐさハーベスタ、および多目的田植機(田植機の走行部に植付部や湛水直播機などの作業機を脱着できるもの)があった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ