農機・資材 ニュース詳細

2017.08.08 
平成29年12月期第2四半期決算ー売上高は8460億円 クボタ一覧へ

 (株)クボタは8月3日、平成29年12月期第2四半期業績(平成29年1月1日~6月30日)を発表した。同第2四半期の売上高は前年同期比499億円(6.3%)増加し、8460億円となった。

 国内売上高は機械部門が増加したものの、ダクタイル鉄管などの官公需関連が低調に推移したため、前年同期比16億円(0.6%)減の2806億円となった。
 海外売上高は、水・環境部門が減少したが、機械部門が北米・欧州・アジアでの増販や、前期に実施した事業買収の効果により大幅に増加したため、514億円(同10.0%)増の 5654億円となった。
 営業利益は増収による増益効果はあったが、前期の円高の影響が、輸送や在庫期間を経て同期中に実現したことなどにより、50億円(同4.7%)減の1006億円となった。
 税金等調整前四半期純利益は、営業利益の減少を為替差損益の改善や有価証券売却益の増加などで補い、105億円(同10.8%)増の1076億円となった。法人所得税は334億円の負担となり、四半期純利益は79億円(同11.8%)増の751億円となった。同社株主に帰属する四半期純利益は、81億円(同13.0%)増の704億円となった。
 機械部門の売上高は、前年同期比9.7%増加して6924億円となり、売上全体の81.8%を占めた。うち国内売上高は、前年同期比2.6%増の1471億円となった。建機などの減少を農業関連商品の増加で補ったものだ。海外売上高は、北米・欧州・アジアとも好調で、前年同期比11.7%増の5453億円だった。

(関連記事)

「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ(17.05.09)

小規模経営に対応 トラクタ・NB21スペシャル機を発売 クボタ(17.04.17)

田植機アタッチメント「鉄まきちゃん」で省力化実現 クボタ(17.04.14)

糖酸度と重量を同時測定 選果機「センカ光房」が好評 クボタアグリサービス(16.10.06)

クボタ 農業用ドローン 市場に参入(16.09.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ