農機・資材 ニュース詳細

2017.08.09 
密苗と感度アシストによる田植技術、開発特別賞受賞 ヤンマー一覧へ

 ヤンマー(株)(本社:大阪市、山岡健人社長)の「密苗+感度アシストによる田植作業の革新的省力・低コスト化技術」が、農業食料工学会の「平成29年度開発特別賞」を受賞した。

密苗仕様田植機による作業 「農業食料工学会開発賞」とは同会が、農業食料工学に関する技術の進歩に貢献したと認められる製品、及び製品に搭載された技術を開発した企業・団体に対して授与する表彰制度だ。
 受賞した、ヤンマーの密苗技術および感度アシスト機能を搭載した田植機は、稲作農家における生産コストで最も高いウエイトを占める育苗・移植作業にかかる時間を大幅に短縮し、省力化を実現した。
 また育苗トレイに高密度で播種することで、苗箱や育苗ハウスなどの資材費を削減し、農家の収益性向上にも大きく貢献できる。
 「平成29年度開発特別賞」受賞に伴い、9月8日に開催の農業食料工学会年次大会で、授与式が行われる。また12月8日に開催の「第22回テクノフェスタ」(農業食料工学会主催)において、受賞講演が行われる。

(写真)密苗仕様田植機による作業

(関連記事)

自動運転田植機を開発 農研機構(17.06.23)

【コラム・キサクな老話】早苗饗(さなぶり)と田植え(17.05.28)

「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ(17.05.09)

JAビルの田んぼで田植え(17.04.20)

田植機アタッチメント「鉄まきちゃん」で省力化実現 クボタ(17.04.14)

家庭菜園向けミニ耕うん機・密苗仕様田植機を発表 ヤンマー(16.10.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ