農機・資材 ニュース詳細

2017.08.28 
日照不足、低温時の乾燥・籾摺作業注意点 サタケ一覧へ

 (株)サタケは8月23日、北日本から東日本の太平洋側の生産者に向け、日照不足、低温時の稲乾燥・籾摺作業の注意点を発信した。

 北日本から東日本の太平洋側では、曇りや雨の日が続き、深刻な日照不足と低温により、収穫した稲籾に、未熟粒(シイナ含む)、立毛胴割、開エイ(籾殻開き)、水分ムラ、などの多発が予想される。このため乾燥作業等では、次の点に留意する必要がある。


・早刈りは未熟粒や水分ムラが多くなり、刈遅れは立毛胴割や開エイが多くなる。日照不足により登熟が緩慢で、ばらつきが見られることから、適期を総合的に見極め刈取りを行うこと。
・刈り取った籾の性状(立毛胴割、開エイ、未熟粒の有無)を確認し、それらが多い場合は低い温度でゆっくり乾燥すること。
・水分ムラが多い場合は、仕上水分を0.5~1%高く設定し、ゆっくり乾燥すること。
・水分が高い場合は、仕上乾燥するが、14.0%以下の過乾燥となると胴割米が増加するので、注意すること、等。

(関連記事)


猛暑による籾への影響と乾燥・籾摺作業注意点 サタケ(17.08.28)


新たなJASの活用巡り 「農林水産省FOOMA特別講演」開催 FOOMA JAPAN事務局(17.06.20)


ミャンマーで精米機器の移動セミナー サタケ(17.06.16)


中国・黒竜江省の稲作 技術高く・優れた品質 日本との技術交流望む(16.09.27)


ミャンマーにサタケ製品のショールーム開設 サタケ・アディパティ社(16.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ