農機・資材 ニュース詳細

2017.08.28 
猛暑による籾への影響と乾燥・籾摺作業注意点 サタケ一覧へ

 (株)サタケは8月23日、西日本の生産者に向け、猛暑による稲乾燥・籾摺り、作業の注意点を発信した。

 気象庁の見通しによると、西日本では9月にかけて気温がかなり高いところもある、と見込まれており、胴割米の発生が懸念される状況にある。
 高温により、いもち病や斑点米カメムシ類の発生も多くなっており、高温障害によるシラタも増える恐れがある。
 今年も胴割米発生防止策として、「かけ流しにより地温の低下を図り、灌漑水が確保できない場合は、間断灌水を行う」など十分な注意が必要だ。このため、乾燥・籾摺り作業については、次の点に留意する必要がある。


・高温化により登熟期間が短縮され、刈遅れると胴割米が発生しやすくなるので、適期刈取りを行うこと。
・気温が高い時に、生籾をコンバイン袋に入れたまま放置すると、変質しやすくなるので、収穫から4時間以内に乾燥機に張り込み、通風、乾燥を行うこと。
・猛暑により水分乾燥が1%程度進む傾向があるため、乾燥機の水分設定を0.5~1.0%あまめにセットすること。
・収穫時の籾の状態を確認し、胴割米が発生している場合は乾燥機を低い温度で設定し、ゆっくり乾燥すること、など。

(関連記事)


日照不足、低温時の乾燥・籾摺作業注意点 サタケ(17.08.28)


新たなJASの活用巡り 「農林水産省FOOMA特別講演」開催 FOOMA JAPAN事務局(17.06.20)


ミャンマーで精米機器の移動セミナー サタケ(17.06.16)


中国・黒竜江省の稲作 技術高く・優れた品質 日本との技術交流望む(16.09.27)


ミャンマーにサタケ製品のショールーム開設 サタケ・アディパティ社(16.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ