農機・資材 ニュース詳細

2018.03.29 
農機自動走行で安全ガイドライン改訂一覧へ

・実用化近い茶園管理ロボットに対応

 農林水産省は3月27日、「農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」の改訂版を発表した。実用化に近い茶園管理ロボットにも対応できるよう内容を改めた。

農業機械の安全性確保の自動化レベル(概要) 農水省は、ほ場内やほ場周辺から監視しながら農業機械(ロボット農機)を無人で自動走行させる技術の実用化を見すえ、安全性確保のためにメーカーや使用者が順守すべき事項などを定めた同ガイドラインを昨年3月に策定した。
 主な改定内容は「茶園管理ロボット」の自動走行に関わる危険源と危険状態に関する整理表を追加したこと。農水省では今後も引き続き、新たなロボット農機の実用化、安全技術の進展などに即して、ガイドラインの充実を図りたいとしている。

農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドラインについて○問い合わせ先:同省技術普及課
○TEL:03-6744-2111

(画像をクリックするとそれぞれPDFファイルが開きます。)

 

(関連記事)
全農の自己改革 初年度計画ほぼ達成(18.03.28)
GPS搭載機など最新農機を展示 JA鳥取いなば(18.03.06)
女性でも快適な作業を実現! JAオリジナル小型刈払機を新発売(18.02.02)
大型トラクターの共同購入で動画を公開-JA全農(18.01.20)
全自動野菜移植機「ナウエルエース」に新型式(18.01.19)
ドローンで省力化・効率化をめざす 茨城県の実証事例に学ぶ(17.08.31)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ