農機・資材 特集詳細

特集:年頭あいさつ2018

2018.01.03 
雜賀 慶二 氏(東洋ライス株式会社 代表取締役社長)一覧へ

健康に良いコメづくりへ徹頭徹尾

 

雜賀 慶二 氏(東洋ライス株式会社 代表取締役社長) 謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 近年、我が国では、税収をそっくり医療費に注ぎ込んでいるにもかかわらず、癌や糖尿病、認知症などの生活習慣病患者は減るどころか、増え続けております。このような状況を作り出したのは、今日における我が国の病人の大半は「良くない食事と運動不足」による生活習慣病であるのに、対症療法を柱とした西洋医学に基づき対処しているからであります。
 一方、東洋医学も取り入れた健康対策を推進している医療先進国のシンガポールでは、首相自らが「白米は甘い砂糖水以上に糖尿病のリスクを高める」と白米食を控えるよう国民に訴えるとともに、玄米でも食べやすい弊社が開発した金芽ロウカット玄米を同国政府が「健康に良いコメ」とお墨付きを付与され、広がりを見せております。
 ちなみに弊社が開発した金芽米は白米に比べ、また金芽ロウカット玄米は玄米に比べ、それぞれ食べやすく美味で健康に良いことが従来のコメにはなかった特長であります。
 その証しとして、金芽米は先般、日本健康医療学会より「国民の健康医療に大変に役立つ」と選定されました(対象4000品目から5品が選定。コメでは唯一)。また先般、名古屋経済大学の研究チームが高齢者を対象とした1年間の臨床試験によって、白米食では認知機能が「低下または不変」に対し、ロウカット玄米食をすると、認知機能向上や感染症予防に「著しい効果が生じた」と、ブエノスアイレスでの国際学会にて発表されました。
 一方、金芽米やロウカット玄米を食べている弊社社員においても、実際にかかった医療費を調査したところ、どうやら全国平均と比べて3割以上も低いようであります。これらのことから、コメがもたらす健康効果の大きさを改めて実感した次第です。
 今日、病人の蔓延や医療費の膨張などは国難ともいうべき事態であり、このままでは我が国は介護難民で溢れるのは必至であります。国の対策も効果が未だ見えず、まさに打つ手なしの状況において、我が国もシンガポール政府のように、国が積極的に国民の健康を図るべく白米食を禁じ、金芽米やロウカット玄米食の推進を図るべきであり、そのためには、弊社はその製造権を国に譲渡しても良いと考えております。
 本年も弊社は国民の健康に寄与すべく努力する所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ