野菜・果物 ニュース詳細

2015.08.06 
夏の食べ物「スイカ」8割が好き タキイ種苗(株)一覧へ

 タキイ種苗は夏の定番果物「スイカ」に関して20歳から60歳までの男女357名を対象に調査を実施。「スイカが好きか」という問いに、52.7%の人が「好き」と答え、33.1%の人が「どちらかといえば好き」と答えた。

 「夏の食べ物といえば?」という問いでは、第1位が88.5%でスイカ、第2位がそうめんや冷麦と、かき氷やアイスが同じ75.4%だった。

(図 どうしてスイカが好きか)

どうしてスイカが好きか(図 どうしてスイカが嫌いか)
どうしてスイカが嫌いか

 図のようにスイカが好きな理由には、季節感を感じられる夏の食べ物だという点が入っている。また、苦手な部分では食べにくさなどに対して戸惑う人が多く、味などに対しての不満は少なかった。

(図 夏場にスイカを食べる頻度)
夏場にスイカを食べる頻度

 スイカを好きだと答えた人が8割いるのに比べ、図のようにスイカを食べる頻度は少ない。

 スイカは果肉の約90%が水分。カリウムなどのミネラルが豊富で、エネルギー転換の早い果糖やブドウ糖も含まれているので、熱中症や夏バテ防止にも効果的。また、カテロンも含まれており、これは皮膚や粘膜を保護する働きがある。
 おいしいスイカの選び方は、左右の形が整い、縞のはっきりしているもの、ツルの切り口が新鮮で、指ではじくとコンコンと音がするもの。カットされたものは、果肉の色が鮮やかで、種がまっ黒なものを選ぶのが良い。

(写真)左からカメハメハ、シュガールーン

カメハメハシュガールーン

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ