野菜・果物 ニュース詳細

2016.12.05 
栽培しやすくなった トルコギキョウ新5品種 サカタのタネ一覧へ

 (株)サカタのタネは12月上旬から2017年のトルコギキョウの新しい5品種の販売とプラントップ苗の受注を開始する。

左から順番に「クラリス ライトピンク」、「ロジーナ ラベンダー(ver.2)」、「レイナ(2型)リラ」、「フルフル ラベンダー」、「冬のマリア イエロー」 新品種は「クラリス ライトピンク」、「ロジーナ ラベンダー(ver.2)」、「レイナ(2型)リラ」、「フルフル ラベンダー」、「冬のマリア イエロー」の5品種。
 「クラリス ライトピンク」はピンクカラーで人気が高いトルコギキョウ「クラリスピンク」を栽培しやすく改良した。やや薄いライトピンクの花色。「発色がよく美しい」と試作産地で高い評価がでている。高冷地の5~7月の出荷、暖地の春から夏の出荷に適している。
 「ロジーナ ラベンダー(ver.2)」は2008年発売の「ロジーナラベンダー」の改良品種。従来品種より草丈が取りやすくボリュームが出る。
 「レイナ(2型)リラ」は大輪で豪華なセミフリルが人気の「レイナ」シリーズの追加色で、「レイナラベンダー」より濃いラベンダーカラー。中生品種で幅広作型で栽培ができる。
 「フルフル ラベンダー」は極小輪タイプのバラ咲き「フルフル」シリーズのラベンダーカラーで、ミニバラのような使い方ができる。中生タイプでシリーズの中では開花がやや遅く、その分草丈、ボリュームがとりやすい。
 「冬のマリア イエロー」は淡い黄色の花色で、花弁にややフリルがついた中大輪品種。早生品種でブラスチング(つぼみが成長をやめ、開花せずに枯死する)しにくく、低温期の伸長力と開花力に優れている。
 希望小売価格(税抜)は、「クラリス ライトピンク」、「ロジーナ ラベンダー(ver.2)」、「冬のマリア イエロー」がペレットシード3000粒で9000円、プラントップ苗406穴、保証本数350本で7350円。「レイナ(2型)リラ」がペレットシード3000粒で9500円、プラントップ苗同穴、保証本数同本で7350円。「フルフル ラベンダー」がペレットシード1000粒で4000円、プラントップ苗同穴、同保証本数で8050円。
 12月上旬から字プラントップ苗の受注と、全国の種苗店、JAルートで種子の販売を行う。
(写真)左から順番に「クラリス ライトピンク」、「ロジーナ ラベンダー(ver.2)」、「レイナ(2型)リラ」、「フルフル ラベンダー」、「冬のマリア イエロー」

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ