野菜・果物 ニュース詳細

2017.01.30 
機能性アップ「ファイトリッチ」を積極普及 タキイ一覧へ

 タキイ種苗(株)は1月30日から東京・千代田区丸の内のタニタ食堂で同社の「ファイトリッチ」シリーズを使った八宝菜定食の提供にさきがけ、25日、今後の展開方針などを発表した。(株)タニタ食堂では「ファイトリッチ」シリーズを、栄養バランスを取りやすい食材と評価している。

nous1701300301.jpg 「ファイトリッチ」はタキイ種苗(株)が開発した機能性成分を豊富に含んだ美味しい健康野菜シリーズ。「さよなら、サプリ。」をキャッチコピーに、機能性成分を切り口に消費者にさらに野菜のおいしさと健康への大切さを知ってもらい、全体的な野菜の消費量増加につなげるねらい。
 現在15品種あるが、2017年には17品種まで増える予定。同社では、機能性農産物(機能性成分に着目して生産方法や品種改良した農産物)の市場が今年度235億円から2020年には500億円へ拡大していくとみており、さらに2020年には計25品種までシリーズを展開する目標をたてている。
 また今後の展開について、「ファイトリッチ」のロゴの普及を積極的に行い、消費者へブランドの認知と機能性成分の機能の啓発活動を行う。20年には「ファイトリッチ」のロゴ申請100件、流通1万tが目標。さらに機能性表示食品制度への届出などもサポートしていき、同年には5件以上の登録を目指すという。
 丸の内タニタ食堂では「ファイトリッチ」シリーズでリコピンを多く含んだ「京くれない」やシスリコピンを含んだ「オレンジクイン」など栄養バランスの整った「ファイトリッチ八宝菜定食」を1月30日から2月4日まで提供する。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ