野菜・果物 ニュース詳細

2017.05.18 
リンゴの出荷量6%減一覧へ

 農水省は5月16日、平成28年産のリンゴの結果樹面積、収穫量、出荷量を公表した。

 リンゴの結果樹面積は3万6800haで前年産比200ha(1%)減だった。
 10a当たりの収量は2080kgで、同比100kg(5%)減だった。開花期の低温が影響し着果数が少なかったことと、6月の日照り不足と8月の少雨の影響で果実の肥大が抑制されたため減少した。
 収穫量は76万5000tで同比4万6500t(6%)減、出荷量は68万4900tで、同比4万2800t(6%)減った。
 都道府県別での収穫量は、青森県が59%、長野県が19%を占めている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ