野菜・果物 ニュース詳細

2017.08.01 
主要野菜の生育は平年並み一覧へ

 農水省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜14品目の生育状況と価格見通し(8月)について、主産地等から聞き取りを行いその結果を公表した。

 根菜類(ダイコン、ニンジン)の生育は平年並みで、価格はダイコンは8月は平年並みで推移。ニンジンが8月前半に平年並みに回復し、8月後半は平年並みで推移。
 葉茎菜類(ハクサイ、キャベツなど)の生育は、ハクサイ、ホウレンソウ、ネギ、レタスは平年並み、キャベツは6月下旬以降の高温、適雨で大玉傾向に。価格は、ハクサイ、レタスが8月前半に平年並みに回復し、後半は平年並みで推移。ホウレンソウ、ネギは前後半とも平年並みで推移する。キャベツは8月は安値水準で推移する。
 果菜類(キュウリ、ナス等)のキュウリ、ナス、トマト、ピーマンの生育は平年並み。価格も平年並みで推移する。
 土物類(バレイショ、サトイモ、タマネギ)も生育および価格は平年並みで推移する。

(関連記事)

【秋冬野菜の病害虫防除】病害虫の活動が活発に!(17.07.27)

野菜不足と7割が回答 「サラダ白書2017」調査結果(17.07.25)

加賀野菜で和食塾開催 農業・農村ギャラリー「ミノーレ」(17.07.11)

「イタリア野菜のすべて」でセミナー(17.07.05)

野菜の生育および価格、7月は平年並み 農水省(17.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ