野菜・果物 ニュース詳細

2017.08.10 
キウイフルーツの収穫量減少 農水省一覧へ

 農水省は平成28年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量、出荷量をまとめ公表した。

 これによると、結果樹面積は2040haで、前年より50ha(2%)減少した。
 収穫量は2万5600t、出荷量は2万1800tで、前年よりもそれぞれ2200t(8%)、2000t(8%)減少した。
 10a当たりの収量は、1250kgで、前年よりも80kg(6%)下回っている。これは開花期の降雨の影響で着果数が少なかったことと、7月中旬から8月にかけて少雨の影響で果実の肥大化が抑制されたことによるという。
 都道府県別の収穫量割合は、愛媛県が20%、福岡県が16%、和歌山県が15%で、この3県で全国の約5割を占めている。

(関連記事)

キウイフルーツの収穫量 12%減(16.08.04)

乳酸菌飲料「キウイカツゲン」北海道で限定販売(15.01.28)

キウイの収穫量2割増 農水省(14.08.20)

キウイフルーツ収穫量14%増(13.08.02)

JAふくおか八女キウイフルーツ部会らが大賞 第12回全国果樹技術・経営コンクール(11.02.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ